公共施策コンサルタントの仕事

公共政策コンサルタントの仕事

公共政策とは、「国や地方公共団体がみなさんの生活をより良くしようとする政策」のことを指し、コンサルタントは、「利用者が抱える問題を解決する方策を提供すること」を指します。
・・・とくれば、公共政策コンサルタントの仕事がどのようなものなのか察しがつきますよね。
そうです、公共政策コンサルタントとは、「政策立案や分析を担当し、実施すること」を指します。
政策立案は、いままでは行政などの政府が主に行っていたのですが、いまでは地方自治体などの民間部門からも積極的なはたらきかけが行われています。
そのなかで、政策立案のために公共政策コンサルタントが重要となってくるのです。
また、政策コンサルタントは高い技術が要求されます。
政策コンサルタントをという職業は、大学教授、弁護士、公務員、専門職大学院を卒業した人など、ハイレベルな方たちが担当しています。
こんなにすごい人たちがもっとより良い暮らしを目指した公共政策を担当してくれるなんて、とても安心できますよね。

公共政策ってどんなもの?

公共政策と言われても、いまいちピンときませんよね。
普段聞きなれていない言葉なので当然だと思います。
そこで、ここでは公共政策とはどんなものなのかを説明していきたいと思います。
公共政策とは、簡単にいうと「国や地方公共団体がみなさんの生活をより良くしようとする政策」です。
税金を使って、住民の方々がもっと良い生活をできるように政策をつくっていきます。
身近なものでいうと、バリアフリーやユニバーサルデザインが挙げられます。
道にスロープができていたり、手すりができていたりするのをよく見かけることがあると思います。
これらも、国が考えてつくったものです。
ですが、公共政策はとても難しいものでもあるのです。
何が人々にとって良いか、という考えはその個人個人によってさまざまな考えがあるからです。
公平性、平等性などが重視され、 どのような意思決定が最も合理的かつ最適かといった問題は非常に重要となってきます。
国や地方公共団体の人たちは、このような難しい問題を考えながら、人々がより良い生活をできるように努力してくれているのです。

コンサルタントってなに?

コンサルタントとはいったいどんな意味なのでしょうか?あまり聞きなれていないため、どのようなことを意味しているのか、知らない方も多いと思います。
そこで、コンサルタントの意味について説明していきたいと思います。
コンサルタントとは、一般的には利用者が抱える問題を解決する方策を提供することです。
誰かが困っている状態のときに、その抱えている問題に対しての解決策を提供する人のことを、コンサルタントといいます。
それと同じくコンサルティングは、クライアントに対してその人がもっている専門知識をつかいながら客観的にものごとを観察し、問題点を指摘し、解決策を示してクライアントを助ける業務を行うことです。
また、業務そのものを指します。
簡単にいうと、誰かが困っていることをその方面の専門家が相談に乗ってくれ、解決策を提示してくれるということですね。
これは、困っている人からしたらとてもありがたい方たちですよね。
困っているときに解決策を出してくれるなんて、こんなに良いことはありません。
みなさん、お分かりいただけたでしょうか?